読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涼宮ハルヒの覚書

涼宮ハルヒシリーズの小説・アニメ・その他関連することに関する覚書(メモ)です。

【速報】カクヨムに谷川流先生の最新コメント掲載!! #haruhi

情報

涼宮ハルヒの憂鬱』の2次創作が公認されているKADOKAWA×はてなによる小説投稿サイト・カクヨムにて、谷川流先生のコメントが掲載されています!

公になっているコメントの中では、Amazon15周年で『涼宮ハルヒの驚愕』がラノベ部門1位だった際の受賞コメント(【速報/続報】谷川流氏の最新コメント掲載!! 「涼宮ハルヒの驚愕」Amazon.jp史上No.1ラノベにあたって 20151108修正 - 涼宮ハルヒの覚書)以来の最新のものと思われます。

 

リンクはこちら。

kakuyomu.jp

 

f:id:ishijimaeiwa:20160229202612j:plain

どのような種類のものであれ、小説というものは、好きなことを好きなようにノリと勢いで書いてしまうのが一番だと思います。ぜひそのような作品を数多く。

谷川流(「涼宮ハルヒ」シリーズ)

 

お前が書けよ! という恒例のツッコミはいいとして、どのような種類のものであれ、という表現が気になりますね。

本心としては2次創作を快く思っていないと取れます。もしくは「こういった種類のは勘弁してもらいたいなあ」というジャンルや気持ちがあるのかもしれません。

 

一方、好意的に考えれば、谷川先生の筆が止まっている間、シリーズを支えてくれていたぷよ先生のような作品やパートナーの登場を待っている、と考えられなくもありません。

 

そういった意味では「好きなことを好きなようにノリと勢いで書いてしまうのが一番だと思います。ぜひそのような作品を数多く。」の部分には期待も感じられます。数多く、とまで言ってくださっているわけですし。

個人的にも、ハルヒちゃんちゅるやさんや有希ちゃんのように、スピンオフでもシリーズに新展開があるのは喜ばしいです。

 

 

というわけで、先生の本心はイマイチよく分からないですが、ハルヒシリーズの次を担いたいという勇士は、いっちょチャレンジしてみるのもいいかもしれません。それがハルヒシリーズを大事にしたものであれば、先生も応援してくれるかもしれませんよ!

 

 

なお、個人的には…谷川先生自身が某流とかいう偽名でエントリーして、一応別人というお約束のまま新刊を出してくれたらおもしろ嬉しいなあ、なんて考えています。

周りの期待とか一切気にせず、自由に書いてほしいぜ。ノリと勢いで!!

 

□関連記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp