読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涼宮ハルヒの覚書

涼宮ハルヒシリーズの小説・アニメ・その他関連することに関する覚書(メモ)です。

11年分のハルヒアーカイブ、全部教えます! #貴方のハルヒ歴教えて #haruhi ※201608231430加筆修正

ファン

※201608231430 いろんなところを加筆修正しました。

「#貴方のハルヒ歴教えて」という面白いハッシュタグが流れてきたので、それに便乗してハルヒメモ管理人・いしじまえいわのハルヒ暦をお知らせします!

実はわたくし、このサイトの他に「LM314V21」(http://ishijimaeiwa.hatenablog.jp/)という日記サイトを2005年くらいからやっておりまして、そちらからハルヒに関連する記事を時系列で紐解いていこうと思います。当時のリアルな情報が盛りだくさんだよ!

なお、10年以上にわたるアーカイブを紐解く死ぬほど長い記事になったから、死ぬ前などかなり暇なときに読んでくださいね! 閲覧注意!

 

あと、長いので先にオチを書いておきますと、ぼんやり見てた期間は長いですがファン活動を始めたのは昨年からなので、ファン歴は1年ちょっとくらいです。どれだけ無為に過ごしてきたというのか。。

 

閑話休題、それではレッツゴー!

 

□2005年9月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

私がハルヒ関連で一番昔に書いた日記はこれ。2005年9月7日の記事なので、アニメ化の半年くらい前ですね。

友人にもらった『暴走』を読んだ書評ですが、ラノベとか読まない文学青年だったので(実は今でもラノベはほとんど読みません)、結構ボロクソに書いてますw まあ、何も知らない人が『暴走』だけ読んだらこんな感じかもしれません。

 

□2006年4月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

次のハルヒ関連記事はコチラ。ぐっと時間が経過して、2006年4月8日、アニメ第1話が放映されたその週の記事です。

第1話を見た人の分析ページ(2ちゃんねるからの抜粋)を見て「すげえ」と言っています。そのページがまだ現存していたのは幸いです。みなさんぜひご覧ください。

tangerine.sweetstyle.jp

あと公式ページのカオスっぷりについても触れてるけど、今見れるのとは全然違っていたはず。放送1週目はどんな感じだったんでしょうね。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

はい次はこの記事。2006年4月20日のものです。最古のハルヒダンス、ひいては「踊ってみた」動画ですねこれ。最初にやったのは外国の方だったんですよ。

www.youtube.com

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

次はこれ。就活してた時の日記です。

「アニメが好きということだけど、注目してるタイトルとかスタジオとかある?」という質問も。この会社さんはBONESと提携しているので無難に「『エウレカセブン』のボンズです」と答えりゃいいものを「『涼宮ハルヒの憂鬱』の京都アニメーションです」とマジレスするリトルおろかなわし。

おれ氏、飛ばしてやがるぜ。なお、後日この会社に入社しました。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

 最近話題の『涼宮ハルヒ』、私も見始めました。

オンタイムで見だしたのはこの辺りからのようです。私はだいたい何でも流行が終わってから見るタイプなので、オンタイムで視聴するのはすごくまれなんです。

これは憶測ですが、このストーリーのシャッフル具合も、アニメ版ならではの展開のための複線なんじゃないかな。(中略)

原作が終わっていない以上(終わっているのかしら?)アニメ版オリジナルの結末を用意する必要があるわけで、このシャッフルもそこに絡んだ大掛かりな複線だったらいいなあ。とか思ってます。

うん、なかなかいいセンいってる。

 

□2006年5月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

 作中でパソコン部から奪ったあのパソコンで主人公が更新しているという設定のようです。団員紹介が最近更新されました。キョン更新遅いぞ。

もうミステリックサインが放送された模様です。

更新遅いけど、まさか10年後も稼働しているとは思うまい…

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

2006年5月14日の記事。残念ながらリンク先は片方消失しています。

www.akibablog.net

アキバBlogさんはアーカイブがずっと残っているいいサイト。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

2006年5月14日の記事。このあたり、ほぼ週に2、3回ハルヒの事書いてますね。

こちらのリンクも残念ながら切れています。この時の「にしきたブログ」、どんなサイトだったんだろう。

 ハルヒ関連記事。地元密着アニメなのね。
 こういう新事業は将来可能性があるかも?

もう聖地巡礼として完全に事業化してるよ!

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

マジか…そんなことしてたんだ、おれ氏…

『ネット・コミュニティにおける情報の流れとヴァイラル・マネジメントの可能性への考察』

どんな発表だったんだ…データ残ってないかな(残ってない)。

あと一番問題だったのは、その発表の講義の受講登録が受理されておらず、単位が出ないと分かったことでした。

こいつマジ何やってるの?

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

オリコンもちゃんと記事残してる。いいサイト。

www.oricon.co.jp

当時はよく先行作品である『ネギま!』と並べて紹介されていましたねえ。

 

□2006年6月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

2006年6月11日、やっと原作を読んだようです(以下、原作の書評は割愛します。興味があったら辿ってみてくださいね!)。

私は今でもシリーズの中で『憂鬱』が一番好きだし、キャラの中ではハルヒが一番好きなのですが(同率一位でキョン)、この頃からそうだったみたいです。

いしじまえいわ氏による新鮮なハルヒ評、とくとご覧ください。でもここで書いているハルヒへの思いは今でもあんまり変わってないかも。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

おおー、ついにライブアライブきましたかー。すごいだろうそうだろう(ニヤニヤ)。

なお、違法アップ動画だったためリンク先は無事削除されています。無念。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

これはですね、昔はSOS団公式サイトに各回紹介のページがあって、そこでctrl+Aを押すと長門が第15498話目くらいまで項目作ってあるのが見られる、というエンドレスエイトネタが仕込まれていたのでした。

当時はアニメ化していなかったパートの分までにおわせる演出をしていたんですね。こってる!

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

発売日前日に早売りを探して見つからず途方に暮れる、というパターン。今でもやってるわ。この時もかなり必死に探してますね。

なお、このCDは1話放送終了直後くらいから曲目の情報は出ていて、当時は1話で流れた「恋のミクル伝説」の方が語り草だったので「他のこのGod Knows...Lost my music とやらは、挿入歌かオマケ程度のもんだろう」と思われていたんですね(私はそう思ってた)。

ライブアライブ放送直後、「聞いてください!」というハルヒの声と共にこのCDのCMが入って、やられたー! ほしい今すぐほしい! と思ったのを覚えています。発売されるまでヤキモキしたなあ。

作品同様、青臭い歌詞が私のツボに入ってるので、そういう意味では買ってよかったなあと思います。

ここ、先日の完奏のインタビューで畑さんがほぼ同じこと(God knows... は意図的に青臭い歌詞にしてある)言っててびっくりした。昔のおれ、やるじゃん。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

ああ、これも探し回って買ったなあ。この第0巻は、一時期は1万円以上のプレミア価格がついてたんですよ。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

生意気にもこんな考察してやがる。コメント欄の友人とのやりとりも含めてほほえましい。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

3人娘が武道館デビューする頃の、茅原さんのブログの引用記事。リアルタイム感ある。

…ということは武道館ライブDVDも出るって事か? アニメではフルサイズの振り付けは見られないかもしれないわけだ(来週最終回のEDにちょっと期待していますが)。商売上手だなあ。

そうそう、このころはまだフルサイズのダンス振り付けはなかったんだよな。DVD最終巻の映像特典だっけ。その前にコンテだけ公開された気もする。

最終回にエンディングでダンスフルバージョンが流れるのを夢見ていたというのも、今となっては趣深い。ハルヒ=ハルヒダンスという構図がこの頃すでにあったようですね。

 

□2006年7月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

この頃収録ということは、番組終了後割と早いタイミングで一般の番組にも露出し始めてたんですね。波に乗ってますなあ。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

なかなか面白い記事紹介してるじゃねーの。

www.itmedia.co.jp

Web2.0、懐かしいね!

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

日記です。なんか後輩にハルヒの話をしたらしい。

「人生つまらんとか言ってるやつは大抵本人自身がつまらない人間」

面白いこと言うじゃねーの。まあハルヒってこういう話だよね。面白くありたいものです。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

リンク先が消えてるけど、どうやら下記のガレージキットのことらしい。このころはまだ立体物もあんまり出てなかったんじゃないかな?

d.hatena.ne.jp

 

□2006年8月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

ムック買ってます。「アニメのムック本を買うのは久しぶり」とのこと。はまってますなあ。

オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式

オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式

 

 

□2006年10月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

アニメも放送終了していったん落ち着いたのか、少し時間が飛びました。

リンク先は消えてますが、ハルヒもメディア芸術祭で選ばれてるんですよ。第10回と第14回の2回。

archive.j-mediaarts.jp

archive.j-mediaarts.jp

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

リンク先消えてますが、こういう記事でした。

news4vip.livedoor.biz

何故かと言うとハルヒが「バニーガール」着てるから。
それも「プレーボーイバニー」そのまんまで。

http://en.wikipedia.org/wiki/Playboy_Bunny

バニーガールはアメリカのプレイボーイ社が登録商標取ってて弁護士が相当なやり手。
これが原因でDaiconはアメリカで発売出来なくなった。

http://www.cjas.org/~leng/daild.htm

発売したら権利問題で揉めるし、バニー着てる場面をカットしたらアメリカオタ
クが怒るしで悩んでいると。
これは流石に谷川も角川書店京アニも悪くないよなぁ。

へえー。

まあ結局発売されましたけどね。この問題どうやってクリアしたんだろう? それともただの憶測だったのかな?

 

□2006年11月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

来年(2007年)秋ねえ…

2009年版をどれだけ待ち焦がれたか、これだけで予想がつくな。。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

幸運なことに? リンク先も残っています。今読んでもぶっころがしたくなるような文章でしたが…

news.livedoor.com

 

□2006年12月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

そうそう、SOS団公式サイトのフォームに必要事項を入力すると、キョンからメルマガが届くサービスをやってたんですよ。確か2、3回くらいで終わったけど。キョン、ものぐさすぎ。

SOS団メールマガジン│涼宮ハルヒの集約│情報まとめ

全3回の文面、ありました。今読んでも結構面白い。

こういうアーカイブほんと大事。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

リンク先切れてるけど、以下のような感じでした。イカス。

f:id:ishijimaeiwa:20160823041126p:plain

http://ffffound.com/image/371116300752e3991adcbf027364991cc00b52c2

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

アニメも終わって半年以上になるのにマメだなおれ氏。クリスマスの翌日にこんなことしてていいのか?

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

表紙左側にハルヒって書いてありますね。どんな特集だったんだろう…買うか…(今さら?)

ダヴィンチ 2007/02月号

ダヴィンチ 2007/02月号

 

 

□2007年1月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

やっと年を越しました。

なんかフジの番組でアイドルユニットがハレ晴レ踊ったよ、ということらしい。動画は当然削除。それなりにムーブメントになってる感ありますね。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

ここでついにハレ晴レのフルの振り付けのコンテが公開に!

www.youtube.com

当時は有志がコンテから起こしたこのVコンでみんな振り付け覚えたんだよ! そして2番以降の振り付けもあることに、驚く人は驚く。あるんです。

 

□2007年2月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

下の動画を作られて一世を風靡したplamooさんの動画について。残念ながらリンク先は消失しています(でもたしかどこかのサイトでplamooさんご自身が動画データ配布してるんじゃなかったかな?)。

www.youtube.com

2006年4月7日アップだって。はや! 1話終了直後じゃん!

この動画と、上記の外人動画によってハルヒはネットで爆発的に拡散したんだよなあ。そして当のplamooさんはその後figmaのCMも携わることになります。

www.youtube.com

杉田さん…

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

なお、plamooさんは一時期お休みしていましたが、現在は復帰されています。

twitter.com

素晴らしい動画を今でもたくさん作られているのでぜひ見てみてください。

 

□2007年3月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

f:id:ishijimaeiwa:20160823043326p:plain

えっ、持ってない! ほしい!!(9年前に買え) そして古泉くんとキョンはいないの!?

 

□2007年6月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

またちょっと時間が空きました。

リュック・ベッソンって『レオン』とか『フィフスエレメント』の? おれ氏何やってんの? そして結局リュック・ベッソンハルヒのフィギュアはあげられなかった模様。残念。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

リンク先、無事現存しています。やったー。

ライトノベルは表紙や挿絵にアニメのようなイラストを使っている。書店でもコミックスなどと同じ棚に並べられることが多く、特異な文芸ジャンルと見られがちだ。だがハルヒ」の大ヒットの背景には、これまでライトノベルを手に取らなかった人にまで読者層が広がっていることがある。

 若者の語り口調を使った文体ながら表現は豊かで、先入観を捨てれば大人も十分楽しめる内容だ。

 乙一桜庭一樹ライトノベルから一般文芸に進出する書き手も多く、このジャンルへの注目度は高まっている。(略)そんな中で幅広い人気を獲得しているハルヒ」は、ライトノベルが出版界において無視できない存在であることを示す象徴的な例と言えるだろう。

うん。ほめられてる。いいぞ。

 

□2007年7月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

2007年7月6日、七夕時期の記事ですね。この頃から作中重要タイミングに発表を合わせるということをやっていたみたい。7月7日が絡むことになる「笹の葉ラプソディ」はまだアニメ化してないのに。

また、この夢はもろくも打ち砕かれることになります。まだまだだね。。。

 

□2007年8月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

来年「以降」という点で間違ってない。

 

□2007年9月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

これ、以下サイトで今でも見られます。なかなか面白い。

b.bngi-channel.jp

今ならLive2Dだけど、この時はまだこのソフト用に開発したエンジンだったんじゃないかな。

 

□2008年2月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

また少し飛びましたね。

この後、涼宮ハルビンと呼ばれることになるあれの検証記事です。どうでもいい。

 

□2008年5月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

【重要】SF作家でありアニメ脚本家でもある辻真先御大、原作『憂鬱』のスニーカー大賞選考の時点で推してた。

ぼくたちのアニメ史 (岩波ジュニア新書)

ぼくたちのアニメ史 (岩波ジュニア新書)

 

 

□2008年8月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

やっとハルヒちゃんちゅるやさんです。この時点で止まってる原作やアニメの繋ぎ企画とか言われてる。。私はどっちも好きですけどね!

 

□2008年9月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

リンク先は切れていましたが、動画は探したらありました。最後の一瞬なので見逃さないで!

 

□2009年2月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

肝心のリンクがないけど、たぶんこちら。

d.hatena.ne.jp

なおこちらのgiolumさまによるサイト「後天性無気力症候群」さん、残念ながら2012年頃で更新が止まっていますが、すばらしいハルヒファンサイトさんでした。ぜひご覧ください。

d.hatena.ne.jp

 

□2009年5月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

ハルヒの「改めて放送」が始まり、ついに笹の葉ラプソディのXデーが近づいていますね。

この時、2009年版の放送は「時系列に再構成された2006年版、ただし放送枠は何故か2クール分あるらしい」という謎の存在でした。次回予告もなし、あらゆるメディアの番組表にも放送予定記載なし。

未アニメ化エピソードが新作で入るのでは? でもどの話が? そもそも本当に新作ある? とか言われてました。

そんな中、私はネットをしらみつぶしに探していて、たまたまテレビ和歌山の番組欄で「笹の葉ラプソディ」の文字を発見。まだ2ちゃんねるにも書いてなかったのでほぼ世界最速だったと思います。どこにも同じもの見たって報告がないから「え? なにこれ? なに??」と動揺しました。

テレビ和歌山の番組表はすぐに更新されて記載は消えました。ドキドキする体験でした。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

そして実際に放送された笹の葉の感想。なんか素っ気ないな。でもその週全く見たことのない映像が流れた瞬間、本当に感動したんですよ。ネット上では多くのファンが「我々は3年間待ったのだ!」とエギーユ・デラーズ総統(ガンダム0083)の真似をしてました。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

2009年5月はさすがにたくさん書いてますね。話題の渦中でしたからね。

リンクは切れていましたが、同じ記事を見つけました。

mixi.jp

いくつかは裏がまだとれていない、正式決定ではない
(後々変更される可能性あり)が、めんどいからまとめて書く。
ソースはタブリエ関係者、角川アニメ部門関係者。

・今回の放送は、1期2期混合ではなく、1期+補完エピソード。
・つまり、2期はまた別にある。
・7月平野の新曲は新OP。
・8月よりリリースのDVDは新作補完話のみ収録(さすがに何巻かは聞けなかった)
・BDはBOXで発売。放送順に収録。時期はまだ未定。
・驚愕は、放送期間中に発売予定。遅くとも今年中には出る。
・驚愕発売あたりから、スニーカーで連載再開。
・今まで時々掲載されていた短編も後にまとめて単行本化。
・谷川はハルヒを投げたわけではなく、原稿はすでにかなり進んでいる。
・驚愕もアニメも角川の事情で延びた(元々はCLANNAD ASの前の2クールで放送する予定だったらしい。あと、クリス(池田晶子)の産休も多少の原因)
ハルヒちゃんちゅるやさんはただの話題、時間稼ぎ。
・テレビ和歌山のタイトルバレはわざと。
・第1話予定で「朝比奈ミクルの冒険」と書かれたのは完全に局のミス(情報伝達に問題)

以上。
原作あたりの話はまだ正式決定にはなってないらしいから、話し半分くらいでいいかも。

その通りになったのもあれば、ならなかったものも。今見ると感慨深い。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

なかなか面白い記事でした。ハルヒでやったことはもっとたくさんあると思うけどね。

 

□2009年10月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

また一気に飛んで半年後。ちょうど2009年版が終わったころのニュースですね。

それまでの間、私がエンドレスエイトや溜息について何もコメントしていないのが趣深い。当時、2009年版はしっくりこなかったんでしょうね(今は好きですが)。

待ってました。でも今回こそは本当に…か?

まあ、これまでの流れを見てたらこう思うのも無理はないw

 

□2010年2月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

少し飛んで、消失を始めてみたときの感想です。ちゃんと公開直後に見に行ってますね。

朝倉とのエレベーターのシーン、7Fから5Fまでにしては長すぎ。あれは一種の閉鎖空間ということにしておく。

その解釈は初めて見た(※書いたのは自分)。

ハルヒは落ち込んだり不安だったりしても、キョンの前で(つまり劇中で)決して泣いたりしないところがすごくいい。

これはほんとそう思う。

2010年2月6日公開ということで若干オーバーしてしまったけど、21世紀最初の10年を代表する作品として『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズを挙げることへの躊躇を払拭してくれた素晴らしい作品でした。

なんか偉そうに総括してます。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

で、早速2回目見に行った際の感想です。

消失世界の古泉はハルヒのことを好きだが、現実世界でもそうなのでは? と思わされた(そのこと自体は他の方から示唆されたことがあったのだけど、今回実感が湧いた)。だとすると、長門はそれを知ってて世界改変をした可能性があり、面白い。

わざわざ2人セットで光陽園学院に移動している辺り、長門は古泉くんの恋心を知ってるっぽいんだよね。そしてこの報告をキョンから聞いた古泉くんは、自分の心中を長門に知られていることを知ってしまっている…

プライドの高い古泉くんだから、別世界とはいえ余計な配慮をされたことに傷つき、憎み、TFEI端末長門有希への憎悪はいつしか強い執着に変わって…さあさあどうする!?(古長←結論)

 

□2011年11月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

いきなり2年近く飛んでますね。消失が終わって、ハルヒ熱もかなり落ち着いた模様です。この間、震災とか『驚愕』発売とかいろいろあった、はず。

えっ、この本読んだっけ…今から読むか…

キネ旬総研エンタメ叢書 アニメプロデューサーの仕事論

キネ旬総研エンタメ叢書 アニメプロデューサーの仕事論

 

 

□2011年12月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

これ、一般販売されてるフィギュアで現状唯一佐々木がラインナップされてるやつだからね! 知らなかった佐々木ストは今からでも買って損なし!(マ)

 

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

で、そのフィギュアのレビューです。写真もあってこってる。

f:id:ishijimaeiwa:20160823053024p:plain

f:id:ishijimaeiwa:20160823053040p:plain

 

な! 佐々木フィギュアかわいいやろ!?

そう思ったなら君も買え!!

 

余談だけど、佐々木関連の商品ってどれだけ出てるんだろうと思って調べてみたらこんな感じ。15000円なり。たけえよ。。

 

□2011年12月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

このころ毎年クリスマスや年末年始にやってた企画のやつです。

しょうもないけど今でも好きな作品。

 

□2012年3月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

時は2012年。消失フィーバーが終わってしばらくして、久しぶりのハルヒ記事です。Blu-rayを買ったのかな? 消失の感想3回目。

アバンでキョンが部室に入ったシーン。最初にハルヒの席(PCが置いてある席)を見て「誰もいないな」と思い、その後端っこに座って本を読んでる長門に気付く。そこに至るまでのモノローグの内容も含めてもう最初っからキョンの眼中にはハルヒしかおらず、長門絶対不利の状況から始まってる感じ。

冒頭でキャラの関係だいたい説明しきってるよな。

朝倉がポケットに手を入れて焦るキョンの「何を出されるか分からんからな」というセリフの後ろで、窓枠のアルミサッシがやけに輝いてのがナイフのメタファーだと気付いた。この映画、かなり丁寧に分かりやすく作られてるなと思った。

初見で気付けよ。。

みくるをキョンから遠ざけなかった辺りに「結局キョンがこの女(=みくる)に転ぶことはないわー」という長門のジャッジと考えられる。みくる、舐められてるんだぞ。

 長門のシビアなみくる評。

みくる(大)が夜空の下キョンに「いつかこの高校生活を懐かしく思う時が来るわ」というシーン、実はここがかなり好き。

おれも好き!!

この映画、主人公であるところのキョンが銃(のようなもの)を持って、結局一発も発砲しないところがよい。長門の世界再構築を修正する際、まったく必要がないのに長門を説得しようとする(発砲したくないから)のも、青臭くてよい。

うん。とてもよい。

キョンからすれば長門に階段から突き落とされたのも朝倉に脇腹を刺されたのも、これまで自分が長門をないがしろにして辛い思いをさせてきた申し訳なさに比べれば本当どうでもいいって感じなのがいい。

いいね。キョンいい。

ハルヒは嬉しくても悲しくてもワンワン泣いたりせず、いつも強気なふりをしているのがいい。趣深い。雅。

ガシッ!(固い握手)

結論:「古泉くんはガチホモじゃなかった」(そこか)

そこ?

 

□2012年4月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

2011年に発売された『驚愕』、実は1年くらい読まずに寝かせてたのでした。なんか読むと終わっちゃう気がして。。で、読んだ時の感想がこちらになります。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

で、なんかテンション上がった模様。

 ハルヒオワコンと言われるようになって久しいけど、編作はまだ続いているわけだし「驚愕」も面白かったし、引き続き息の長いファンでいようと改めて思いました。本当のファンなら、落ち目の時こそ応援しなきゃ(と、のび太が言っていました。「ドラえもん」は含蓄があるなあ)。

ほんとそうだと思う。のび太えらい。F先生マジ偉人。

 

□2012年5月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

ついにこの日が来てしまった…という日の記事です。この頃はまだ2年も入院されるとは思っておらず、後藤さんの持病についても全然知らなかった(明かされてなかった)のでした。

俺がもっとみくるちゃんを応援していればこんなことには…

こいつバカなの?

 

□2012年6月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

続報。いやそんなに簡単な話じゃなかったんだけどね…

とにかく早く元気になってほしい。SOS団に何かあるなど、有り得んことよ。

その通りよ。お前バカだけどいいこと言うね。

 

□2012年7月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

正しくは、「アニメヒロインランキングがクソなのは男ライターが書いているせいなので、女性視点で修正してもらった」というランキングだったようです。それでハルヒが1位ってのは嬉しいですね!

藤岡ハルヒ」をGoogle先生に翻訳していただくと涼宮ハルヒの藤岡」という謎のシリーズ最新作が生まれる

現在は精度が上がって、ちゃんと藤岡ハルヒが出てきます。

 

□2012年8月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

入院中のゴトゥーザ様が、騒がしい高校生らをシメたって話。これは有名な話ですね!

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

後藤さんの入院を機に、なぜか更新頻度が上がっています。

ハルヒ大好き球児の話。川井田篤則くん、今頃何してるかなあ。まだハルヒ好きかなあ。

 

□2012年10月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

www.youtube.com

うん、今見てもなんかしんどいです。。

 

□2012年11月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

実は知人がこの賞を獲得して写真にも出てるんだけど、茅原実里を知らなくてマジ憤った。まあ一般人が知らないのは仕方ないんだけど。理性では赦せても、感情的にはねえ。私も人間だからねえ(?)。

は???

 

□2012年12月 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

またやってやがる。今回は消失長門です。よくできた動画ではある。

 

□2013年1月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

2013年くらいからしばらくこんなまとめ記事ばっかりで辟易してました。2016年になってやっとポジティブな流れになってきたように思う。

 

□2013年2月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

これはほんと素晴らしい動画!

原作『驚愕』までを中心に、アニメ版、ハルヒちゃん、有希ちゃんあたりもしれっとカバーしています。特に消失以降登場の原作キャラも数多く出てるのは圧巻!

みんな絶対に見て!!!

 

□2013年3月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

ここへきて原作の全巻レビューです。今と感想が違うところもあるけど、なかなかコンパクトにまとまっていてよろしい。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

残念ながら動画は現在みられませんが、ももクロ=最強パレパレード。これ豆な。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

マジで後藤さんの入院をきっかけに記事更新頻度が増えている感じです。

最後の質疑応答では、アニサマといえばアーティスト同士のレアなコラボ・パフォーマンスということで、登壇者に向けて今後コラボしてみたいと思う人の質問が。

茅原は「平野綾ちゃんと後藤邑子ちゃんと、また3人で“ハレ晴レユカイ”を歌って踊れる日がきたらいいなあって思ってます」

茅原さん、その回答はあまりにピュアというか、イノセントすぎるぜ…

この時期まだ後藤さんが入院されていたので、余計にそう思いました。

 

□2013年4月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

2013年の新展開といえばハルヒ百花! 現在最新作となっている読み切り短編「あてずっぽナンバーズ」も全然普通に面白いから、未読の方は是非読んで!

いとうのいぢ画集    ハルヒ百花

いとうのいぢ画集 ハルヒ百花

 

 

□2013年8月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

今年もやっている例のアレです。

 

□2013年10月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

この時もやり玉に挙げられてたのな。ハルヒと直接名前を出されてなかっただけマシだけど。

 

□2013年12月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

そうそう、最初の発表はdアニメストアだったんだよね。そして12月18日に発表されたんだよね。

この時点では京アニかどうか以前に、TVアニメなのかハルヒちゃんみたいなWebアニメなのかもよく分かっていなかったので、ずいぶんヤキモキしました。最悪声無しアニメかもしれなかったわけだし。

そしてまさか実際に放送されるのが1年以上後になるとは…

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

そして公式サイトの消失モード。これも恒例のやつ。

 

□2014年2月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

兵庫県献血応援大作戦って結構最近だったんですね。

それにしても標語県てひどい誤字だ。。

 

□2014年3月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

西宮北口駅の時計塔がスクラップ工場から発見された話。

 

□2014年4月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

そしてそれが駅前に復活した話。

なお、この記事はたまたま知人が書いたものだったということでも思い出深いです。

 

□2014年5月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

毎月何か書いてるな。えらいぞ。

新作アニメの有希ちゃんは2013年の暮れに発表されて、実際に放送されたのは2015年だったので、その間をつないでくれていたのはこの Haruhi Hunting とパチンコ版でした。

特にHaruhi Hunting は凝ったプロモーションで面白かった!

www.youtube.com

 

□2015年6月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

1年ほど空きました。もう2015年なのでつい最近ですね。

自分の結婚パーティでこんな曲を流したよ、という一覧。もちろんハルヒも入ってます。悩みに悩んでハレ晴レにしました。

というか、プライベートでこの辺りで長い休職期間に入ったので、時間を持て余してたんでしょうね。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

時間があるということで、初めて行ってきた聖地巡礼の記事。といっても西宮北口駅前とドリームだけなんですけどね。。

他にもドリームでのクリームソーダの頼み方なんかが書いてあります。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

みくるちゃんのキャラソンCDに朝倉さんの歌が入ってた(もちろんみくるちゃんの歌は1曲少ない)というトラブルの話。このCD、もちろん保存していますw 後藤さんのCDだけ2枚買った計算。

 

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

なんと、のいぢ先生が描いたハルヒのサインも出てきます!

 

□2015年7月

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

そんなこんなで、2015年7月23日に「涼宮ハルヒの覚書」をスタートしたのでした。それ以降はこのサイトの過去ログにある通りです。

なお、サイト名は名が体を表すものとして決めましたが、その前は「涼宮ハルヒの情報」というもっとそのまんまなものにしようと考えていました。サイトを作り終わってから、SEO的には「情報」の方が引っ掛かりやすいことに気づきましたが時すでに遅し。南無三。

そうそう、「涼宮ハルヒの情報」ってサイトでもいいかなと思っていたんでした。今となっては覚書でよかったかなと思います。メモさんとか覚書さんって読んでくださる方もいますしね。

 

というわけで、これが私のハルヒ暦です。ツイッターで要約して書こうかとも思ったんですが、過去記事紹介もいつかしてみたいと思っていたので、これを機に全部紹介できてよかったです。

昔すぎて知らない情報もあったんじゃないでしょうか? 最近からのファンの皆様の参考になれば幸いです!

 

それではね! おやすみなさい!! やっと寝れる!!!

 

 

(おわります)

 

 

□最近の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp