読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涼宮ハルヒの覚書

涼宮ハルヒシリーズの小説・アニメ・その他関連することに関する覚書(メモ)です。

後藤邑子さんセミナー『私の“声優魂”~青山編~』の概要&感想まとめ。 #haruhi #ゴトゥーザ様 #ゴットゥーザ様

haruhimemo.hatenablog.jp

ameblo.jp

 

以前ご紹介差し上げていた後藤邑子さんのセミナーが先日開催されました! ので、今回はその概要と関連つぶやきをまとめたいと思います!

 

前回は聞いた内容を文章にしましたが、今回はツイッターで実況をしていたのでそちらをまとめる感じでイベント内容をご紹介いたします!

以下、レッツゴー!

 

後藤さんがサイトにあげている自作画からNHKの方がチョイスし、ポストカードにしてくださいました。

なお、サイト掲載時の著作権に関する表記がそのままデザインに。。後藤さんも「文字は消せばよかった…」とおっしゃっていましたw

 

そういえばそうですね。退院後の新しい役というのは素晴らしい!

 

この辺で参加者の男性の一人が後藤さんに無暗に話しかけたり自分語りをしたりして不穏な空気に。少し長引きそうな雰囲気だったのでスタッフの方に対応お願いをしたのですが、ほどなくして収まりました(そのため一部話が聞けなかった)。

その際、後藤さんは奇妙なオッサンの奇妙な発言や態度に臆することもなく堂々と対応されてて(話を聞いてあげて応えてあげた上で自分のお話に戻していく)、カッコエエなあと思いました。でもNHKの人はすぐ対応すべきだったと思うよ!

 

心配するよ! この直後に「言葉のチョイスがアレでごめんね!」とも。

 

このヒャッホーはもちろん私の心の声ですw 一番最初に名前出してくれたの、嬉しかったなあ!

 

この件の他、ハルヒは番組開始前にKADOKAWAのプロデューサーに呼び出されだ件や、メインキャストもオーディションではなく先に決まってた件など、名古屋セミナーで話されていた内容に触れていました。

詳細は以下前回セミナーレビューで。

haruhimemo.hatenablog.jp

 

後藤さんのもう一つの代表的な役ですね!

 

以下、司会の方からお客さんに「他にこの役について聞いてみたいということはありますか?」というフリから挙手したお客さんの挙げた役への回答。

他にも「後藤そのまんまのキャラだからそのままの演技でいいよ、と言われたのにキャラが特攻服着てた」というコメントもありましたw

確かもう1、2作品について触れてたと思いますが、私が覚えてなかったので割愛です。。

 

以下、唐突に挟まった質問コーナー。

ワロタ

 

これ。うめえ。

f:id:ishijimaeiwa:20170313000613p:plain

http://otanews.livedoor.biz/archives/51783599.html

後藤さんによる制作工程紹介はこちら↓ これが初フォトショだったのかよ。

ameblo.jp

 

私も「エ、『みくるちゃん』とかじゃないんだ!」と度肝を抜かれるオーダーでしたが、まさかこのお客の女性が水珠トモさんだったとは…(席が前の方で後ろが見えなかった)

で、律儀に5人全員描く後藤さんw

画像の写真は撮りましたが、イベント終了後NHKの方に「写真アップしていいですか?」とお客に聞かれたところ「ご遠慮ください…」とおっしゃっていたのを聞いてしまったので、私はアップはしないことにします。というか、そんなのわざわざ聞いたらNHK職員としては保守的な答しか返せないのは同人誌と公式の関係見れば分かるでしょ。。。

実際にはアップされている方もいらっしゃるので(アップNGと公式にセミナー内でアナウンスされたわけではないので、別に上げちゃいけないとも言えません)、見たい方はツイッターなどで探してみるか、私にメッセージください。

出来に不安があったのか、何故か古泉くんだけ名前を書く後藤さん。そして定番の「小泉」。もはや「小泉」が公式になった瞬間(なってない)。

 

以下、後藤さんのオススメ絵本の朗読会。

みんなこの本買おうぜ。そしてヒロイン役の声をみくるちゃんモードの後藤さんで脳内再生するのです。

チャーリー・ブラウンなぜなんだい?―ともだちがおもい病気になったとき

チャーリー・ブラウンなぜなんだい?―ともだちがおもい病気になったとき

 

冗談抜きでいい本なので、私は今書きながらぽちりました。

 

闘病のために生きてたわけじゃない。自分のやりたいことをやる、行きたいところに行くために闘病するんだ。

ここが個人的に今回最高のメッセージでした。

 

以下、質問コーナー。

今回の絵本の朗読での後藤さんの演じるライナス、イエスでしたよ!

他にも格闘家の名前をたくさん挙げられていたのですが、正直聞き取れませんでした。。

廣田詩夢さんですね。ドリームクラブZEROのあすか役など。

twitter.com

DREAM C CLUB(ドリームクラブ)ZERO PORTABLE

DREAM C CLUB(ドリームクラブ)ZERO PORTABLE

 
DREAM C CLUB ZERO Special Edipyon! - PS3

DREAM C CLUB ZERO Special Edipyon! - PS3

 

なお、同じシリーズに後藤さんも出演されててこの理保さんって役らしい。後藤さんのドリームをクラブできるゲームなのか…ゴクリ。

Love Letters

Love Letters

 

 

これも質問コーナーでの一幕。個人的には「入退院してる人に『ダンス見たい』とか、思ってても口にするなよ…そこは遠慮しろよ…」という類の質問でしたが、後藤さんの答えは明朗快活なものでした。

いやあ…さっき「ここが一番うれしかった」みたいなこと書きましたが、やっぱりここだったかもw

後藤さんはやる気、茅原さんもずっと前からやる気(ソースは以下リンク)、平野さんもたぶんやる気なので、少なくとも3人でのハレ晴レ再演はキャストは望んでいるようですね! 決まったら即、発表してください!!

ishijimaeiwa.hatenablog.jp

これが今後実現するかはKADOKAWAさんやランティスさんが3人にオファーするかしないか次第。つまり、ファンのみなさんが公式にどれだけ「おい、やれよ」と声を届け続けるか次第ということ!

ファン活動、引き続き頑張らないとですね!(自戒)

 

これも質問コーナーでのQ&Aで、「ちょっと痛々しい話かもしれないけど…」と前振りした上での回答(そういう細かな心づかい、グロ耐性低い私にはグッときました)。

より細かくは、抗がん剤で髪が抜けることは聞いてたから覚悟してたけど、爪までボロボロとれるようになった。また、抗がん剤ではなく抗生物質の副作用で目も見えなくなったりした。入院中、体が動かせない時期もあった。…というような説明だったと思います。

体の良しあしではなく、自分の頭で考えられ、意志を持てること、それが人間の根底。

 

声優学校に入るまで、声がかわいい自覚なかったんか…

 

これも水珠トモさんのご質問。ハルヒキャスト勢の近況が分かるナイス質問! 平野さん茅原さんにも同じ質問をしたいね!(後藤さんの歌を聞いてどう思ったんだろう?)

 

これは「自分も軽い持病で悩んでいるのですが…」という質問でした。

涙ながらにご回答されていました。後藤さんが松来さんの話をしたら泣くのは名古屋セミナーで実証済みなんだから! みんな泣かすなよ!!

 

というわけで、おおよそこんな感じのイベントでした! 抜け漏れも数多くあると思いますがご容赦を。。

個人的には、最初松葉杖をつきながらご登場された時は「あわわわ…」となりましたが、一旦話し始めるといつもの後藤節で病気のことなどスッと忘れてしまいました。それくらい快活なお話でした!

 

以下、他の参加者の方々のつぶやきをご紹介します!

 

こちらのひだまりファンの方も、かなり細かくレポートを挙げられています。気になる方はぜひリンク先をたどってみてください!

ハルヒもひだまりも、今後も盛り上がっていくといいですね!

水珠さん、こんなステキなプレゼントを用意されていたとは! 今回は後藤さんと絵のトレードになったわけですねw ステキ!

ほんとそれ。ハルヒ獄音の時もそうだったけど、次こういう機会があったらいっそ「座ってー」って声出そうかしら。

質問コーナーで、チャーリーブラウンの作者に会ったことあるよ! とおっしゃってた方ですね! この方も上記の他にもいろいろコメントされているので、ぜひ見に行ってみてください!

 

以上です!

そして最後に大事な話が。

イベント終了後にNHKの本イベント ご担当の方とお話したのですが、NHKカルチャーでこういったサブカルチャー的なセミナーをするのはどちらかというとイレギュラーなことなので、もっとこういう機会を増やすためには、みなさんの「よかったよ!」「もっとやってほしい!」という声が必要、とのことです。

公式サイトでのメールでのお問い合わせの他にも、ツイッターアカウント宛のメッセージでも、ちゃんと企画担当者にメッセージを届けてくださるそうです。

 

というわけで。参加された方は「よかったよー!」「面白かった!」「また後藤さんの話をもっと聞きたい!」というような感想コメントを、参加できなかった方は「ぜひまたやってほしい!」「平野さんや小野Dや茅原さんの話も聞きたい!」のような要望コメントを、以下アカウントにお寄せ下さい!

twitter.com

 

 

□過去の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp