涼宮ハルヒの覚書

涼宮ハルヒシリーズの小説・アニメ・その他関連することに関する覚書(メモ)です。

エッセイ『涼宮ハルヒの限界―全能神にできないこと』試し読み版。 #haruhi #C94

haruhimemo.hatenablog.jp

今年もあっという間にコミケの季節が近づいてまいりました。ということでハルヒ系サークルさんをまとめる上記の記事を書いたのですが(力作なのでぜひ読んでね!)、その過程で昨年は自分が書いた原稿の試し読み版をアップしていたことに気づきました。

haruhimemo.hatenablog.jp

(余談ですが上記原稿の完全版が電子書籍になりました! 続きが気になったらぜひ!)

sos-todai.booth.pm

 

ということで(?)、今年もそれをやりたいと思います。

今回は「ハルヒの能力って本当に神の如く全能なの? 限界があるんじゃないの?」「ハルヒが他人を害するような願望を持つことってあるの?」という考察エッセイです。全12ページのうち冒頭の約3ページ分を掲載しちゃいますので、ぜひお試しにお目通しくださいませ。

これでSOS団東大支部の冊子の売れ行きにいい影響があるとも思えませんが、万一これがキッカケで買うことにされた場合は、当日ブースで私にお申し出ください。私が喜びます。あと、買わないにしても、ハルヒシリーズの考察に役立てていただければ幸いです。

 

それでは以下、レッツゴー!

 

涼宮ハルヒの限界―全能神にできないこと』著:いしじまえいわ

 

 涼宮ハルヒは願望を実現できる神の如き能力を与えられた少女である――これは読者、視聴者も作中キャラクターも多くが了解する、本シリーズの根幹となる設定である。このハルヒの能力とキョンの一人称視点という制約のおかげで(作品で明示されている記述と矛盾しない範囲で)いかようにも解釈を楽しめるのが本シリーズ原作とアニメ版の美点の一つである。

 一方「それは無理があるのでは」という類の解釈に出くわすこともある。たとえばアニメ版「ライブアライブ」にてENOZのメンバーが怪我をしたのはハルヒが文化祭でバンド出演したいという中二的な欲望を満たすためにそう望んだからだ、というものだ。作品をよく知っていれば直感的にハルヒが他人を傷つけて自分に利することを望む人物でないと分かるが、先述の通りハルヒには願望を実現する能力があるため、ENOZメンバーのアクシデントをそれと結びつけて考えることを理由なく無理筋と断ずるのもまた論理的に難しい。

 しかし、そもそもハルヒの能力は本当に何でも実現できるのだろうか? 彼女の能力に限界がないとしても、その発端となるのは彼女の人格から生ずる願望であり、そこには現実的なレベルでの限界があるはずだ。願望を無限に働かせよ、と言われて本当に望むものを何もかも想像できる者がいるだろうか? ハルヒの願望の限界が見いだせれば、作品考察の前提となる妥当なラインを設定することができる。

 そこで本稿では作中で発現したハルヒの能力や願望を個々に分析することでその法則性を見出し、彼女が実現できないことについて答えを求めたい。

 本論に入る前にオチを明かしておくと、この考察による結論は完全なものにはなり得ない。作品が完結していない上に1人称という形式のため作品世界内の普遍的真理が描かれ得ない以上帰納法的に観測する他なく、今後のシリーズ展開によって彼女の傾向が変わることや新たな設定が付与され、観測結果が変わることも大いにあり得るからだ。長門の言う通り「無矛盾な公理的集合論は自己の無矛盾性を証明できない」のだ。分かるのはあくまで現状の傾向だけだが、それでも作品解釈のための妥当なラインを引くことくらいはできるだろう。

 

涼宮ハルヒの限界の前提
 対象は2009年版のTVアニメ版及び劇場版『涼宮ハルヒの消失』とした(エンドレスエイトI~VIIは対象外)。ハルヒが発現したと思われる事象をカウントし、それらをそれぞれ「A:物語の根幹に関わる、ハルヒの能力によると断定すべき事象」「B:ハルヒの能力の関連が明示または示唆されている事象」「C:直接的な言及はないが考察の余地がある事象」「D:考察によってハルヒの影響ではないと判断できる事象」の4つに分類 し、それを元にハルヒの能力と願望の傾向を分析した (表参照)。

 なお、本作では登場人物が真実を口にしているとは限らないと作中で明言されており、主人公もまた真実を口にしないことのある信頼できない語り手であるため、作中で描かれるあらゆる事象が嘘かもしれないという可能性をはらんでいる。だが、「実は舞台は外宇宙の別の星でした」というレベルの嘘があったとするとこれまでの物語の解釈そのものが成り立たなくなる。そこで、読解を成立させる上で最低限真実であると思われる事象をA、作中でハルヒの影響が登場人物に明示または示唆されているが、発言の真偽を疑いうるものをBと分類した。

以上が冒頭部分で、以下、アニメ版各エピソードの考察と、まとめとしての物語や設定の考察、という流れになります。

なお、上記設定でアニメ版をチェックした際の表が以下のものです。 Aがハルヒの能力で発声させた事象、Bがハルヒの生のはずだけど確証はないもの、Cが考察によってはハルヒのせいかも? という事象、Dはハルヒのせいではないと考えられる事象、です。

f:id:ishijimaeiwa:20180717035307j:plain

こうして並べてみると結構気づくことがないでしょうか? ぜひみなさんのハルヒ考察ライフにお役立ていただければと思います。

また「これ書き漏らしてんぞ!」「この事象も対象じゃない?」ということが見つかりましたらぜひお知らせくださいませ。もう原稿には間に合いませんが個人的な考察の糧にいたします。

 

それでは、8月11日(土)、SOS団東京大学支部のブースでお会いしましょう! 場所は東テ03bです!! 国際展示場で僕と握手!!!

 

(おわり)

 

 

□過去の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

C94でハルヒ本を出される(予定の)サークルさんまとめ。 ※201807170430追記 #haruhi #C94

※201807170430 『涼宮ハルヒの限界』試し読み版を追加
※201807161355 まどろめさんの記述を更新、サークルさやえんどうさんを追加
※201807152340 システムオールグリーンさんを追加

コミックマーケット 94 カタログ

コミックマーケット 94 カタログ

 
コミックマーケット 94 DVD-ROM カタログ

コミックマーケット 94 DVD-ROM カタログ

 

大雨、洪水、堤防決壊、地震、死刑執行、工場大爆発などなどいろいろあった平成最後の夏ですが、そんなこんなも乗り越えてもういくつ寝るとコミックマーケットです。今年もコミケハルヒ本を出される予定のサークルさんを一挙まとめていこうと思います。

Webカタログやツイッターなどを見て、新規活動内容が分かるサークルさんを以下ご紹介します(Webカタログに載っているけど今回の活動内容の詳細が不明なサークルさんは、分かり次第追記します)。前半が一般向け、後半がR18なので18歳以下のよいこのみんなは「続きを読む」以降は大人になってから見てくださいね。

あと、「載ってないけどこんなサークルさんがハルヒ本出すらしいよ!」「本かどうか分からないけどこれはハルヒでは?」などという情報も随時募集します!

 

それでは早速、レッツゴー!

 

 

■一般向け

□8月10日(金)

・サークル Precious Jazz Orchestra さん 西ま13b

以前ハルヒ関連の曲を収録したジャズ盤を出されたPJOさん。新譜にはハルヒはなさそうですが、前のアルバム目当てで伺うのもアリかもしれません!

 

□8月11日(土) 

・サークル まどろめ さん 東ツ58a

ここのところ常連さんのまどろめさんの最新作は以下のような感じだそうです。しかももう1冊? 『キョコンノキョンコ』は延期し今回は『SOSの霊魂』一本でいくそうです。期待が高まります!

 

・サークル システムオールグリーン さん 東ツ60a

ハルヒサークルさん情報オナシャスツイート、つぶやいてみるもんだ、護衛艦あしがらさんが反応してくださいました! ハルヒSS本、楽しみにしています!

 

・サークル にわとりとわに さん 東ツ60b

言わずと知れたキョンハルサークルさんですね! 今回は一般向けかR18か両方なのかまだ分からないので、分かり次第追記&場合によっては移動するかもです。

少なくともサンクリで出されていた新刊(R18)は出るはずですので、コミケでのみチェックされている方はコミケ新刊と併せて買われるのがよろしいかと! 高まる期待!

 

・サークル volunteers さん 東テ01b

詳細は分からないのですがサークルカットはかなりかわいい見返りバニー長門さんでした!

 

・サークル どこここ さん 東テ02a

昨年の秋頃に「2018年冬コミで出します」とおっしゃっていた西宮風景&長門のイラスト本が、半年前倒しでついに出ます! このクオリティ…マストバイです!

なお以前出されていた既刊本も並ぶそうなので併せてゲットです!

 

・サークル 小春障子 さん 東テ02b

ハルヒコミケ初参加のサークルさんです! 下記の通り絵はお上手ですので、どんな本になるのか楽しみですね!

 

・サークル はるけんパンチ さん 東テ03a

とんでもなく怪しい雰囲気! 以下、Webカタログより抜粋です。

涼宮ハルヒの消失をリスペクトし、創○学会風にアレンジした書物です。一冊丸々インスパイヤ!新たなハルビンワールドがついに解禁!SF(すごくふきんしん)な一冊、是非洗脳されてください。

すごく・ふきんしんwww 一体どんな1冊になるのか期待ですね! 東大支部のお隣さんなのでご挨拶しなくては!!

 

・サークル SOS団東京大学支部 さん 東テ03b

我らがSOS団東大支部、今回も活動報告を出します! 今回の目玉は「ハルヒストの肖像」という特集で、これはもう一般紙に載せた方がいいんじゃないか? というくらいすごいコンテンツになっています。ハルヒだけでなくアニメファンなら誰でも気になる特集になっているのでぜひお求めください! 雲霞の如く押し寄せよ!

あと私も今回「涼宮ハルヒの限界」というエッセイを書いていますのでそちらもぜひお目通しくださいませ。感想お待ちしています。

※201807170430 試し読み版を公開しました。

haruhimemo.hatenablog.jp

さらにさらに、東大支部の活動報告が電子書籍になりました! 有償のものとフリーペーパーとがありますが「SOS団東大支部って何だよクソが!」という方はまずは無料の方をご覧くださいませ!

sos-todai.booth.pm

 

・サークル 冬扇房 さん 東テ04a

いつもハルヒの考察本を出されているサークルさんです。詳細は分かりませんが今回もきっとハルヒ関連考察かと思われます!

 

□8月12日(日)

・サークル さやえんどう さん 東ナ40a

ハルヒシリーズで原画や演出、コンテなどを担当された山田尚子さんと高雄統子さんに関する論評本『卒業文集 vol.1』を出されるサークルさんです! 下記の通りハルヒに関する文章もあるそうなので、これはもう3日目も行くしかないですね!

 

□日程不明

詳細が分からなかったのですが、C92で「乙女回路」というサークルさんからハルヒのコスプレ写真集を出されていた方がその在庫を頒布されるそうです。詳細が分かり次第更新します!

 

以上、全年齢サークルさんでした!

以下、R18サークルさんです。18歳以下は18歳以上になったら開いてね!

続きを読む

【誤報】『涼宮ハルヒの憂鬱』ハリウッドで実写ドラマ化! は本当か? ←誤報でした。 ※201807111500追記 #haruhi

※201807111515 通訳ミスの過程について一部修正をしました。
※201807111500 誤報だった旨追記しました。

本日「ハルヒ、ハリウッドでドラマ化!」という急な情報が舞い込んできました。

この件についてファンのみなさんに情報をお願いしたところ、下記のようなご回答をいただきました。

CCG EXPO 2018 という中国のコンテンツエキスポで天聞角川の吉田さをりさんという方がKADOKAWAのコンテンツ展開について話す中で、ハルヒがハリウッドでドラマ化が決まったと述べた、という事のようです。

CCG EXPO 中国国际动漫游戏博览会

 

それでは一つずつ検証していきましょう。まず下記の写真ですが、本当に最近のものでしょうか? 古い写真を使ったフェイクニュースかもしれません。

f:id:ishijimaeiwa:20180710222655j:plain

君の名は。』がラインナップされていることから2016年以降、左端に「018」とあるので2017年以降であるように思われます。

 

ネットでも調べてみたところ、こんな記事が見つかりました。

https://read01.com/zPRkKyD.html#.W0S1ttL7SUk

「CCG EXPO 2018 高峰論壇 · 漫畫」KADOKAWA的IP國際戰略
內容來源:7月3日上午,CCG EXPO 2018 商務大會第二場活動是「中國文化產品國際營銷年會——漫畫作品的國際之路」。ACG小圈圈作為本次大會的媒體支持,為大家帶來本場活動的速記精華整理和分享。

内容はよく分かりませんが、写真も文章もここがソースのようです。どうやらセミナーがあったのは7月3日の午前のことで、やはりCCG EXPO 2018で間違いないようです。

下面一些作品大家可能都知道,有《涼宮春日》,它的發行量突破了2000萬冊,現在決定在好萊塢把它拍成電視劇。《涼宮春日》我想有很多的粉絲都知道,今天的主題是漫畫,角川有很多媒體作品,今天就給大家介紹一下漫畫。

ハルヒについても書かれています。翻訳サイトにかけるとこんな感じ。

2000万部の流通量を持つ「涼宮ハ​​ルヒ」があることを知り、今ハリウッドのテレビシリーズにすることにしました。 「涼宮ハルヒー」今日のテーマは漫画であり、角川には数多くのメディアがあることを多くのファンが知っていると思います。

ついでに天聞角川の吉田さをりさんについて。実在する方でしょうか? これについても下記のサイトが見つかりました。KADOKAWAの2018年の新卒採用サイトです。

ir.kadokawa.co.jp

そして2010年7月、中国広州にKADOKAWAと中国・国営企業との合併会社<広州天聞角川動漫有限公司>が誕生するとき、立ち上げスタッフとして中国に海外赴任することになりました。

この方で間違いなさそうです。天聞角川の立ち上げメンバーでいらっしゃるのですね!上記写真の左側でお話されている方が吉田さんだと思います。

というわけで、仮に上記のサイトの内容を信じるならば、情報は割と辻褄が合っているように思えます。

 

他にも以下のような感じで多くの中国語サイトがこの件を取り上げていました。

star.ettoday.net

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」12年ぶりのセンセーション! 「アメリカのテレビシリーズの現実版」のリメイクを発表

tw.weibo.com

  「涼宮ハルヒ」実写版決定です!

www.3igame.com

涼宮ハルヒ」ハリウッドライブTVシリーズ撮影開始!

ent.sina.com.cn

涼宮ハルヒ」をリメイク!ハリウッドでライブテレビドラマを演奏する

www.xuehua.us

炸裂! ハリウッドはアメリカドラマに「涼宮ハルヒ」を取り入れたい!

どれも「ハルヒドラマ化」という話題を大々的に取り上げています。タイトルだけで熱い盛り上がりが伝わってきますね!

また面白いことに、最初の記事も含めてどの記事も日付が本日10日になっています。中国のファンも今日初めて知った人が多いようです。

 

一方、下記の点は気になります。

 

セミナーのテーマはKADOKAWAのコンテンツ展開についてであり、ハルヒの話題はその流れで出てきたにすぎない。

・もし正式発表であれば日本でもプレスリリースが出るはず=正式発表する段階ではない。

・中国でもプレスリリースが出ているわけではない。

・仮に本当だったとしても、映像化権をハリウッドのどこかの会社が取得しただけ=本当に作るとは限らないという段階かもしれない(制作決定と書かれていますが実は所得しただけということはよくあります)。

・原作をなぞる形なのか翻案*1なのかも分からない。

 

以上のことを踏まえて考えると「まだ正式に発表する段階ではなくちょっとした話題のつもりで出した話が、1週間を経て記事になり、日本にも伝わってしまった」くらいに考えるのが妥当だと思います。

 

…とかなんとか言っているところに、最初に情報提供してくださった方から新たな情報が入ってきました。

残念ながら、ニュースは偽物のようです。

写真の文章はこんな感じ。

涼宮ハルヒ神隠しのドラマは偽装! 】 涼宮ハルヒのテレビドラマのニュースが、今日は流行しているが、カドカワを通じて間違ったニュースとして確認されている。小さなOリングも削除されました

 

セミナーでの内容についてKADOKAWAが否定したという事のようです。

 

この情報自体の真偽も疑わないといけないのですが、ここでいう否定というのが事実無根(吉田さんはそんなこと言っていない)なのか、現段階では公式発表ではない(事実ではあるかもしれない)なのかは正直分かりません。ですが、個人的には後者かなと思います。

公式に決まっていないことを会社の人が言っちゃう事なんてあり得るの? ということですが、あります。つい先日も同じKADOKAWA作品である『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』の発表会のニコ生で『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の制作について記載された年表がポロリしてました。この件は公式的には「なかったこと」になっていますが、ネットを調べればポロリした年表の画像は出てきます。

あと今回の件に関しては、拡散した方はツイ消しされていますが、情報元のブログは修正も削除もされていないことも、本当かなと思う理由の一つです。

 

ということで、全然大嘘のフェイクニュースというわけでもないのかな? と私は思っています。ただ、今の段階で騒ぎ立てるのは公式の迷惑になりかねないので、ファンのみなさんは正式な発表を気長に待つのがいいんじゃないかな、と思いました(←結論)。

 

※201807111500追記

ソース元となるメディの方で訂正記事が出ました。

f:id:ishijimaeiwa:20180711143722j:plain

https://www.weibo.com/6003441063/GpoTBf8LM?type=comment

【声明】关于CCG高峰论坛嘉宾发言速录整理稿:角川“决定在好莱坞把《凉宫春日》拍成电视剧” 这一说法,角川公司与CCG沟通后,现确认消息不属实,今早已通知媒体方进行修改。事实的情况是:由于现场翻译人员误翻,媒体发布方拿到的稿件出现了此错误。对网友造成的困扰,表示歉意!现特此说明! ​​​​

[宣言] CCGサミットフォーラムのゲストスピーチの要約について:角川は「ハリウッドのテレビシリーズにTsangju Kasugaを作ることにしました」と、カドカワとCCGの間のコミュニケーションの後、ニュースは真実ではない、と報道された。変更を加える。実際の状況は:オンサイト翻訳者の間違いのために、メディア出版者によって得られた原稿はこの誤りを有する。ネチズンズの悩みをお詫び申し上げます!ここで説明する!

通訳の方がセミナー内容を間違って翻訳してしまい、メディアがそれを記事にしてしまった、ということでした。残念ながら現段階では完全に誤報と判断していいと思います。

公式展開を待つファンとしては残念な結果になりましたが、KADOKAWAの方が海外公演する際にハルヒを2000万部売り上げた看板作品としてお話されていることや、ハルヒの新作が出れば中国でも確実に反響があることなどが分かったので、個人的には得るものもあったかな、と思います。ハルヒのことですから、この件を通じてひょうたんから駒、という事になればなと思います。

 

余談ですが、個人的にはシリーズ全部はどうかと思うけど『涼宮ハルヒの憂鬱』だけなら実写化はアリだと思っていたのでいつかは来ると思っていました。が、ハリウッド制作は予想外でした。舞台も役者もあちら側となると、結構いろんな部分に手を入れる必要がありそうです。そして作品のどの部分を活かしどの部分を変えるのか、興味があります。面白い作品になることを期待します!

あと、繰り返しますが『憂鬱』だけなら実写化OKだと思っているので、日本の映画監督で有志の方にも、ぜひ頑張ってもらいたいなと思います。

 

 

(おわり)

 

 

□過去の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

*1:物語の大筋をベースにして似た話を作ること。たとえば『ウエストサイド物語』は『ロミオとジュリエット』を翻案としたものです。

ハルヒ関連の今後のスケジュール・2018年7月6日版(Tシャツクッキー、七夕短冊ジャック!など) ※201807152350追記 #haruhi #tanabata

※201807152350 涼宮ハルヒシリーズオンリーイベント涼宮ハルヒ同人誌即売会」を追加しました。

 

涼宮ハルヒ原作15周年! …の年なのですが公式の動きはあまりなさそうです。。が、ファンイベントなど一部みなさんの動きがあるのでスケジュールを更新します!

それではレッツゴー!

 

□現在進行中

・(関連)シェ・イノウエさんの「夏の思い出Tシャツクッキー」発売中!

ameblo.jp

たまたまなんとなく何かに似ているTシャツクッキー、今年は3色で登場です! だいたい言わんとしていることが分かるカラーですね! 1枚300円、8月31日までの期間限定販売です。期間的にエンドレスエイトの思い出にもなりそう(それいる?)。

今年は通販はされていないそうなので、夏休みの聖地巡礼ついでに買うのがいいかもです! 

figma 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ 中学生ver.

figma 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ 中学生ver.

 

 

・(関連)SOS団東京大学支部「七夕短冊ジャック!」短冊データ配布中

東大支部支部長さんが七夕専用短冊を作ってくれました! 7月11日まで各種コンビニのネットプリント機能で20円で印刷できます。みなさんぜひお試しください! そして作ったらハッシュタグ #haruhi #tanabata を付けてツイッターにアップしてくださるとなおよしです!

正しくはバーコード側が上のようですので要注意(まあ、ハルヒがどっちが上というつもりでデザインしたのかは分からないけど)。

これが完成したものです。

f:id:ishijimaeiwa:20180706130158j:plain

紫の色紙を使えばより再現度が増しますが、あいにく私の近所には色付きのコピー用紙を売っているお店がありませんでした。残念。ちなみにハルヒはおそらく色画用紙を使っていますが、色画用紙をコピー機に入れると高確率で詰まります。ご注意(←コンビニで詰まらせた奴)。

なお、7日はあいにくの雨だそうですが、その場合は後年のために大事に保存しておきましょう。3年間とっておけばさらに再現度が増します!

 

□7月7日

・(公式)SOS団サイト更新(予定)

http://www.haruhi.tv/

例年通りであれば今年も七夕専用フォームが現れる、はず。とはいえ必ず更新されるとも限らないので、ドキドキしながら待ちましょう…

 

□8月25日 

・(関連)ハルヒ考察会! 開催

twipla.jp

たまさん(@John_0707_love)主催のハルヒ考察会が池袋にて催されます。参加費500円。一人1テーマ持ち寄りになっています。私も参加させていただく予定です!

持ち寄りテーマ、何にしようかしら…最近気になってる『涼宮ハルヒの溜息』絡みにしようかな? とにかくみなさん、ぜひぜひ奮ってご参加ください!

涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)

 

 

□11月4日(日)

・(公式)スニーカー文庫30周年記念イベント開催

https://sneakerbunko.jp/special/30th-fair/

こちら今のところ大きな更新はない…と思いきや、ページ最下段にこんな記述が。

30周年書店フェア

書店店頭でスニーカー文庫を買うと抽選で複製原画やクリアファイルが当たる!

30周年企画のひとつとして書店店頭にてフェアを実施致します。

特典内容、時期や実施店舗などの詳細は後日発表となりますのでお楽しみにお待ち下さい!!

これ、前は書いてなかったような…? サイレント更新? 元からあったのかも…?

いとうのいぢさんの新規ハルヒイラストの複製原画やクリアファイル、むっちゃ欲しい。が、抽選か…しかも書店でのフェアだからまた本を買わないといけないとは。ハルヒ関連はアニメ10周年の時にポスター欲しさに全巻4セット目(電子書籍込み)を買っちゃったからなあ。。どうするか…(※ヒント 5セット目)

 

□11月11日(日)

・(公式)『ザ・スニーカーLEGEND(仮)』発売

https://sneakerbunko.jp/special/30th-fair/

こちらは更新なし。特集もいいけど、願わくは新規短編…それは難しいだろうから、せめて作者コメントだけでも…(切望)

なお、Amazonにはまだ商品情報はありませんでした。

 

□2019年6月30日(日) 

・(関連)涼宮ハルヒシリーズオンリーイベント涼宮ハルヒ同人誌即売会」開催

なんと、太郎さん(@tarouyarou)主催にて、2019年にハルヒオンリーイベントが開催されることになりました! ありがとう太郎さん!! 私もちょっとだけ企画に協力しています。

現在参加サークルさんを絶賛募集中です。我こそはという方は上記アカウントをフォローの上、下記の専用サイトをしっかりお読みになってお早めにエントリーしてください!

http://haruhi-only.haruhievent.com/

 

□日程不明・詳細不明

平野綾オフィシャルインフォ @Hysteric_Barbie
 
 

またまたお久しぶりのあのキャラで、パチンコの収録だよ♡
テンション高かったー!
4時間喋りっぱ! https://www.instagram.com/p/BhbfHv0BgCq/ 

この件、まだ明るみに出ていないはず。ハルヒか有希ちゃんだったらいいなあ…最近『らき☆すた』の方も活発だからもしかしてそっちかも?

1000ピース らき☆すた 麗しのバニーガール (50x75cm)

1000ピース らき☆すた 麗しのバニーガール (50x75cm)

 
1000ピース 涼宮ハルヒの憂鬱 究極のバニーガール (50x75cm)

1000ピース 涼宮ハルヒの憂鬱 究極のバニーガール (50x75cm)

 

こんなパロディしてたんか。。

 

こんな感じです。

「他にもこんなハルヒ情報あったよ!」という方がいましたら、あたしのところに来なさい。以上。

 

 

□過去の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

君はダンデレ(dandere)を知っているか? #haruhi

表題の通りなのですが、私は知りませんでした。昨日運営サイドで参加した第8回つづきみというイベントで知りました。というわけで今回はダンデレについて。

live.nicovideo.jp

 

ニコニコ大百科によると、ダンデレの意味は以下の通り。

dic.nicovideo.jp

で、つづきみにコメンテーターとして参加したアメリカのアニメ事情に詳しいリチャード・アイゼンバイスさんによると、彼的には後者の意味なのだそうです。

で、ほんまかいなと思って英語で調べてみたところ、出てきたのは下記のサイト。

 

www.urbandictionary.com

dandere is a character archtype that entails someone being quiet which is usually associated with shyness. "Dan" comes from the word "danmari" which means silent and taciturn. "Dere" means to become "lovey dovey"

Not to be confused with Kuudere which is a cool person that becomes lovey dovey. They are very similar in appearence and possibly behavior, but their underlying character reasoning is different. Being silent for the sake of being silent vs being cool
Yuki Nagato is a Dandere.
by LookAtYrOwnName June 19, 2010

 

ほんとだ、確かに「ダンマリ+デレデレ」の方の意味で載っていますね。むしろダンディの方は記述がありません。

それはそれとして、気になる記述はココ。

 

Yuki Nagato is a Dandere.

典型的なダンデレキャラとして長門有希の名前が記されているではありませんか! ほんまかいな。他のサイトでも確認してみなければ。。
 
いくつかのサイトを見てみて、結果は以下の通り。
 
このサイトでは「Characters with this Personality」の項の2番目、ナルトの日向ヒナタの次に「Yuki Nagato from The Disappearance of Haruhi Suzumiya」の名前が。消失長門ことを指しているのか、憂鬱長門のことを指しているのかその両方なのかは分かりません。
ダンデレキャラトップテンについてのこのサイトでは、長門は2位をマークしています。ただし『長門有希ちゃんの消失』の有希ちゃんのことを指しているようです。ちなみにここでの1位は『さくら荘のペットな彼女』の椎名ましろ

honeysanime.com

このサイトでは憂鬱長門がトップバッターで紹介されています。紹介文もなんというかノリがいいというか長門愛に溢れているというか…英語版のハルヒの番組トレーラー動画まではめ込んで、いい気合の入りようです。


The Melancholy of Haruhi Suzumiya - English Trailer [HQ]

涼宮ハルヒの憂鬱 長門有希 制服ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

涼宮ハルヒの憂鬱 長門有希 制服ver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

 

 

kotaku.com

このサイトではツンデレヤンデレなど、日本のキャラクターの類型を例示しながら紹介しているのですが、そのダンデレ項目での代表キャラが長門でした。

f:id:ishijimaeiwa:20180628165804j:plain

 

もちろん全てのダンデレに関するページで長門が紹介されていたわけではないし、他のキャラに1位を譲ることも多いようです。また英語圏でも「ダンデレとクーデレは同じでは?」という議論もあるみたいです。 

とはいえ、長門が北米などではダンデレキャラの筆頭格と認識されているというのは間違いなさそうです。
 
クーデレだと思っていたのですが、クールであることよりダンマであることの方がウエイトが重いのか…そして長門がデレているのは国内だけではなく国外でも周知の事実だったのか…と思った一件でした。

 

 

(おわりです)

 

□過去の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

YouTubeの『God knows...』角川公認MAD動画が復活! ※201806271300追記 #haruhi

※201806271300 Kadokawa表記は前からだった旨追記しました。

 

去る6月7日、God knows... のフルサイズ版に本編映像を付けたYouTube動画が削除されました。2009年に投稿され7000万再生を超え、コメント欄は国内外のファンからのコメントが直近まで投稿されるくらい愛されており、また2008年から始まった今は亡き「角川公認MAD」というシステムの認定バッヂ付きの動画でもあったため、落胆の声が上がっていました。上記の通り株式会社KADOKAWA海賊版・模倣品対策課、つまり公式からの申し立てということも輪をかけて残念がられたポイントです。

その動画が25日か26日あたりから復活したようで、今現在見られるようになっています。それがコチラ。

 

www.youtube.com

https://www.youtube.com/watch?v=WWB01IuMvzA

 

まずこの動画が長年愛されてきたあの動画と同一のものなのか? を検証しないといけません。あの動画について述べているこんな記事を見つけました。

www.dystopi4.com

2017年8月8日の時点で6000万再生されているので、この記事で述べられている動画があの動画、ということで間違いなさそうです。

で、この記事ではその動画のタイトルが記載されていないのですが、投稿日については「2009/11/07」とされています。角川公認MADのシステムができた後の動画だったんですね。

 

閑話休題、上記の動画の投稿日を確認してみると。

f:id:ishijimaeiwa:20180627023340j:plain

 

同じく2009年11月7日になっています。これで符合しました。

 

ところで、どうしてわざわざ動画の確認をするのかというと、いくつか気になる点があるからです。

まずタイトル内の「Kadokawa公認MAD」という表記。これは以前は「角川公認MAD」だったはずです。というのも、ハルヒの版元は今はKADOKAWAですが、当時はまだKADOKAWA(角川とDOWANGOが統合した会社)ではなく、角川だったので「角川公認」という表記だったのです。KADOKAWAなんて会社なかったんですから。

またKADOKAWAは基本大文字表記なので、「Kadokawa」と小文字なのも気になります。

※201806271300追記

それらしいワードで調べてみたところ、動画が消える前からこの表記だったようです。お騒がせしました。。

 

加えて文末の【ベース演奏】という記述も前はなかったような…

 

と、なんだか不明な点がある一方、コメント欄の書き込みの速さを見るにやはりあの動画が復活したこと自体は間違いなさそうです。

いやあめでたいですね。結局何故消されたのかは不明ですが、KADOKAWA海賊版・模倣品対策課の方が経緯を知らずうっかり削除依頼したものを、知っている人がアドバイスしてどうにかしてくれたのかもしれません。

また、もし角川公認MADに代わる新たなKADOKAWA公認MADの仕組みができるなら、これまた嬉しいことですね。

今年はハルヒの原作15周年ですし、何かいいことが起きる前触れになればいいなと思いました。まずはこの動画の1億再生を目指しますかね! 追いつけ追い越せ、前前前世(1.8億)とようかい体操第一(1.5億)!!

 

 

以下余談。

投稿者の方が動画の説明欄に動画を楽しむための注意事項などいろいろ書いてくださっているのですが、ここ半年くらいのハルヒ関連の出来事に触れている(マメに更新されているのですね、有難いですね)その中の一節。

f:id:ishijimaeiwa:20180627030453j:plain

animeanime.jp

f:id:ishijimaeiwa:20180627030712j:plain

f:id:ishijimaeiwa:20180627030759j:plain

 

俺の記事やん!

 

 

 (おわりです)

 

 

□過去の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

『涼宮ハルヒの憂鬱I』がニコニコ動画のGW限定無料配信で総合ランキング1位に。※201805051700追記 in2018 #haruhi

natalie.mu

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」とアニメ「とらドラ!」の無料配信がニコニコチャンネルにて4月28日から5月6日まで行われる。

今回の企画では、「大人になった今だからこそもう一度観たい2000年代アニメ」というテーマでこの2作品が選ばれた。「涼宮ハルヒの憂鬱」は2009年に放送された全28話を、「とらドラ!」は全25話が配信される。

ということで、2018年4月28日からハルヒがニコ動で無料で見られますよ、というキャンペーンが始まったのでした。下記がその配信ページです。

ch.nicovideo.jp

ニコ動のアニメアカウントでは下記のような施策も。

 

個人的にはこのキャンペーン、当初は冷ややかな目で見ていました。

というのも、一挙放送なら時間も限定・集中されるし話題にもなるかもですが、今回のキャンペーンは2016年から有料設定で存在していた各話(コメント数1ケタみたいな状況)が無料になるだけなため、各話ごとの細切れで見る感じだし、タイミングもそれぞれだし、それだと一挙放送でのエンドレスエイトのような一体感のある視聴体験は生まれないし。下手したら各話へのアクセスがちょろちょろ入るだけに終わるのでは……

と、思っていたのですが。

シリーズ第1話にあたる憂鬱Iがキャンペーン初日からこの大躍進。最終的に3位まで行った模様です。

そしてキャンペーン2日目の13時の集計。ついに1位になりました!!

@kdxnnn さん情報ありがとうございます!

 

なお、今見てみたところ、29日15時の集計でさらにライブアライブが2位に浮上していました。

f:id:ishijimaeiwa:20180429154245j:plain

その他300位以内だと、78位に憂鬱II、117位に憂鬱III、128位に憂鬱IV、158位に憂鬱V、168位に憂鬱VI、181位にとらドラ!の1話、210位に退屈、237位に笹の葉ラプソディ、280位にミステリックサイン、281位に孤島症候群(前編)、283位にエンドレスエイトIがランクインしていました。孤島の解決編よりエンドレスエイトの方が上位というのが面白いですね。みんなどれだけエンドレスエイトが好きなんだよ。

 

というわけでランキング結果だけでもかなり嬉しい躍進っぷりなのですが、コメントの中身も総じて好意的で、なんとも嬉しい感じです。中には「こういう見方もあったのか!」と思わされるコメントもあり、ハルヒファン熟練者にとっても見ごたえがあると思います。

ツイッターではこんな感じの反応。

懐かしいという趣旨のコメントが多数で、たまに初見の方もいらっしゃる印象。でもこちらでも初見の方は総じて「面白い」って言われててなんとも嬉しい限りです。

 

一時期は、オワコンだとかハルヒがマジキチだとかエンドレスエイトがどうのとか平野さんのスキャンダルがこうのだとか、作品としてネガティブに評するトレンドのようなものがあったのですが、1周回って(12年で本当に干支一周だ)今はハルヒかわいい、みくるかわいいと、見て感じる通りの素直なコメントが多くなっており、これもなんとも新鮮です。

昔はハルヒは深夜アニメ・SFアニメ・萌え系アニメの旗手として批評的・批判的に論じられることが多かったのですが、今はオタクの濃度が下がり、フラットに「過去ヒットしたいちアニメ*1」として鑑賞されている気がします。

ハルヒという作品の面白さの一面、例えばハルヒの普通の女の子としてのかわいらしさなどは、オタク的に批判的に見るよりフラットに見た方が素直に理解できるようにも思います。上記の通り時代が変わって作品が本来持っていたのに語られることの少なかった面白さが新たに見直されているようで、とても嬉しく思います。

 

というわけで、このキャンペーンはゴールデンウィーク中限定ですので、私もちょくちょく動画内のコメントやツイッターでの反応の様子をうかがって、面白い感想を拝読していこうと思います。そういえばキャンペーンが終わっても有料コンテンツとしてコメントが残るのもいいですね(見るのにお金がかかるようになりますが)。

ハルヒファンのみなさんもぜひ2018年のハルヒコメントをお楽しみください!

 

※201801300110追記

f:id:ishijimaeiwa:20180430005203j:plain

4月30日0時の更新で憂鬱VIが急浮上して3位にランクインし、総合ランキングで上位3位を独占してしまいました。アニメカテゴリだと100位以内に12個ランクイン。ハルヒだらけです。

確か2016年のゴールデンウィークも、開局直後だったAbemaTVがハルヒ24時間ジャック&一挙放送ですごい数字出してたけど、どんだけゴールデンウィークに強いんだよこのコンテンツ……

 

※201805051700追記

5月4日、憂鬱Iやライブアライブに代わりエンドレスエイトIが急浮上し始め、23時の時点で総合ランキング1位に。ハルヒ視聴者が混物語後半に差し掛かったのか、はたまたみんなゴールデンウィークを終わらせたくないのか。。

 

 

□過去の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

*1:今は昔に比べて深夜アニメ/一般向けアニメの区分もいい意味であいまいになっている気がします。