読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

涼宮ハルヒの覚書

涼宮ハルヒシリーズの小説・アニメ・その他関連することに関する覚書(メモ)です。

BS11で再放送中の『涼宮ハルヒの憂鬱』は『16年版』だった! ※続報あり #haruhi

情報

先日BS11にて再放送が開始された『涼宮ハルヒの憂鬱』ですが、初回から『朝比奈ミクルの冒険 Episode00』をぶっこんできて「10年前の再現か!」と話題になっています。

今回の再放送で初めてハルヒを見た人の中には「意味わからん」「10年前は4:3だったんだー」とコメントする人もいてなんだか和みます。

 

残念なことに私の家ではBS11が見られないことが分かったので、代わりにみなさんの感想コメントを見ていたのですが、そこで以下のようなコメントを見つけました。

 

 

同じようなコメントをされている方は他にも数名いらっしゃったのでピンときました。

 

再放送版は06年TV初回放送版では…?

 

実はハルヒは2006年のTV初回放送の後、DVDに収録される際に手直しやシーンの追加がされたディレクターズカット版になっていたんです。

その後WOWOWやAbemaTVなどで再放送される際はDVD収録のディレクターズカット版を放送しており、スタンダードになったのはディレクターズカット版の方でした。06年TV放送版はビデオグラムに収録されることもなく、見る機会がかなり限られていたんです。

 

06年TV初回放送版とディレクターズカット版の違いは、以下サイトさんなど当時の方々が比較をしてくれています。ぜひご覧ください。

 

出たとこBlogger: ▲涼宮ハルヒの憂鬱 DVD第1巻

 

〜 lolipuni 〜 | 涼宮ハルヒの憂鬱 DVDディレクターズカット 変更点

 

私も今回の再放送を比較してみましたが、上記サイトさんの指摘するシーンは全てTV放送版の方になっているようでした。全部確認したわけではありませんが、シーンの追加だけでなく、作画ミス(といっても些細なものだけど)も、未修正の方を流しているようです。

 

というわけで、今回の再放送の本編は06年TV放送版とみて間違いなさそうです。提供バックのねこマンや09年版ではカットされた次回予告もあわせて、10年ぶりに06年版を完全再現するというのが今回の再放送の趣向のようですね。誰が仕込んだのかは分かりませんが、いかにもアニメ版ハルヒっぽいいたずらな仕掛けでニヤッとしますね。

 

 

というわけで、本編は06年TV版でした。「ならこの記事のタイトルは『BS11で再放送中の『涼宮ハルヒの憂鬱』は『06年TV放送版』だった』じゃねーの?」という話になるのですが、そうは問屋が卸しません。

私の見る限り、1か所だけ06年TV放送版から修正したと思しき箇所が存在します。

 

それはOPの作画ミスです。

 

f:id:ishijimaeiwa:20161012215947j:plain

OPの「なーんでだろー」のところで歩いているハルヒの太ももが大写しになっているシーンがありますが、06年の第2話から数話だけ(第1話はミクルの冒険なので)、ハルヒの右足と左足が歩くたびに入れ替わるというなんとも不気味な作画ミスがありました。あんまりなミスだったので、放送途中第4話目くらいで速攻修正されました。

このことについてはネット上にもあまり情報が残っておらず、今回調べた中では触れているのは下記サイトくらいでした(でもこのサイトも本サイトは消滅しています)。

 

b.hatena.ne.jp

手前を通って前に伸ばした左足が、奥を通って(右足に化けて)戻ってきます 動体視力でチェックしてください

 

ですが、何分ビデオグラムに収録されていないし、情報もネット上にあまり残っていないようなので、検証は難しいか…と思っていたのですが、 ところがどっこい、映像で残っているのを見つけました。

 

それは下記の、中国の方が当時のTV放送に字幕を付けてそのまんまYouTubeに上げちゃってる動画です(KADOKAWAさん、中国にまでは文句を言わないのね)。当時の録画映像なので、当然上記の修正点は直っていない、06年TV放送版になっています。

 

下記動画の2:49からのシーンをご覧ください。よく見ないと分からないので、落ち着いてよーっく見てください。

 

www.youtube.com

 

ハルヒの 太ももが、歩くたびに左右入れ替わっているの、気付かれたでしょうか??

 

この一連の動画によると、第2話と第3話のOPはこのミスバージョンで、第4話から修正されたようです。

私自身「おっ、話題の京アニらしからぬキモいミス!」と思った記憶があるので、直ちに修正したんですね。あんまりなミスなので、今回の再放送でもそこまでは再現しなかったようです。

 

 

というわけで、今期再放送中の『涼宮ハルヒの憂鬱』は、必ずしも06年TV放送版と全く同じというわけではないのです。なので言うなれば『16年版』というのが正確だと思います!

…まあかなり些細なやつなので、これだけで16年版と呼称するのはちょっとキビシイですね。この後、このミス修正以外にもあっと驚く追加要素があって「これは確かに16年版だ!」と言われるようになるといいなあ。。

 

 

余談ですが、今回改めて見てみて、DVDで追加されたシーンは元々作ってあって、TV放送時間枠に収めるためにTV放送版でカットした(=DVD収録時に新たに描き起こしたわけではない)んじゃないかなあと思いました。追加シーンはあった方がいいですが、ないならないでテンポ良く進んで違和感はあまりないんですよね。どちらもいい編集だと思います。

06年TV放送版はこの後もビデオグラムに収録される可能性は低そうなので、録画できている人はぜひ消さずに大事にしてください!

 

 

※続報です。第3話はDVDやBlu-rayと同じディレクターズカット版でした。

haruhimemo.hatenablog.jp

 

 

 

□過去の記事

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp

haruhimemo.hatenablog.jp